歯がない・入れ歯が不安定

自分の歯と同じような感覚の義歯を選んでみませんか。
快適な食生活と元気のために

歯は1本でも欠けてしまうと、食事のときや人と話すときなどにわずらわしさや不都合が出てきます。 失ってしまった歯の機能を補うために、取り外しの入れ歯やブリッジ(固定式部分入れ歯)、インプラントなどさまざまな治療法があります。 取り外しの入れ歯は、食べ物が入れ歯と歯茎の間にはさまり、痛むことがあります。ブリッジは固定式で違和感があまりありませんが、 両隣の健康な歯を削らなければならないリスクがあります。 人工の歯の根をあごの骨に直接埋め込むインプラントは自費診療になるので費用がかかりますが、 しっかりと固定されるので自分の歯と同じように食べることができます。 検査やカウンセリングをしっかり行い、それぞれの治療法のメリット、デメリットをしっかり把握してから 最適な治療法を一緒に選んでいきましょう。

治療の選択肢

インプラント

人工歯根とも言われ、歯を失った部分にチタン製の人工の歯の根を、顎の骨に埋め込み、 その上に人工の歯をかぶせて噛み合わせを回復する治療法です。機能性や安全性・強度等に優れています。

インプラント

ブリッジ

歯が抜けてしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、 橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復します。

ブリッジ

クラウン

虫歯が進行し、除去する部分が多くなった場合に、歯の形を補う人口の治療物を、 冠のようにかぶせる治療法が、クラウンの治療です。 患部を除去した後に、歯の形を整え、クラウンをかぶせます。クラウンの設計によって、歯並びを改善することもできます。

クラウン

入れ歯

入れ歯の種類は、歯の一部が残っていてそれに留め金をかける「部分入れ歯」と歯が全く無い時に使う 「総入れ歯」があります。 保険治療の場合には金属の「クラスプ」が付いたタイプの部分入れ歯しかありませんが、 保険外治療の場合にはクラスプが付いていないものなど、様々なタイプのものがあります。

入れ歯